スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の猫トイレ事情・・・オマケ。空気清浄機&マット編

2009年11月23日
ついでのオマケです。

猫トイレからたちのぼるホコリを少しでも吸い取れれば、と
これはもうだいぶ昔から使っている空気清浄機。

空気清浄機

今はなきナショナル・・・。
F-PMA15という機種で、もちろん?廃盤。

実はもらいもので、カードのポイントの景品なのです。

イオンやらセンサーやら一応ついてますが
はっきりいってオバカで全然です。
でもそこがいいのです。

猫トイレの横に置いてもコンパクトで薄型で小さくて、
とにかくずっとスイッチオン状態でゴーーーと吸ってくれてたらいいんです。

こちらも定期的に中のフィルターを掃除しますが、
値段のわりにはしっかり吸ってくれているようです。

「自動」モードもありますが、猫砂のホコリにはあまり反応しないようで、
私はずっと「急速」を入れっぱなしです。

猫トイレ自体、どこの家に引っ越しても必ず窓の近くに置くようにしているので
昼間は窓も開けて換気に気をつけています。

でも引っ越し後、猫トイレを替えてから
以前のようにフィルターにびっしりとホコリがつかなくなったと思います。
それはやはり、カバーがジャマになってホコリが外に逃げないからなんだなと思って
心配で・・・それで・・・で、「ホコリ吸い取り編」にいたるわけですが。

そして、砂落としマットはターフエチケットの60cm×90cmを使っています。


柔らかくて毛足の短い人工芝みたいな感じです。
あんまり毛足が長かったり硬かったりすると
極度の怖がりのまもちゃんが乗るのを怖がるのですが
これは最初からOKでした。
(それどころか、たまにこの上で寝たりします・・・)

ホームセンターで1mいくらで売ってる人工芝と感触はほぼ一緒。
ならそっちでいいじゃん、安いし、と思ってしまいますが
人工芝との一番の違いは、下に貫通しないこと。

人工芝を使っていたこともあるのですが
掃除のたびにめくると床に細かい砂が落ちていて目地に入り込んでいたり
掃除をしようと芝を移動するとパラパラ・・・と落ちてしまったりで困っていたのですが
これはマットを動かしても下は綺麗なまま。

洗う時も気をつけて持てば家じゅうにパラパラと落としながら歩くこともないので
ストレスはだいぶ減りました。

もう少し砂が取れればいいんだけどね・・・。
まあもう、これに関してはどのマットを敷いても一緒かな、と思うんです。

人間のように玄関マットの上で足をガシガシこすりつけて落としてくれるわけじゃなし、
猫は用を足した後早足でササッと通り抜けるだけなんですもん。

どうしても、って場合はレッドカーペットのように
彼らの通り道に仰々しくマットの道を作るしかないですけど
そんなわけにいかないし。。。

これから赤ちゃんが家にやってくるのか・・・。
掃除頑張らないとなぁ。


我が家の猫トイレ事情・・・ホコリ吸い取り編

2009年11月22日
トイレ&砂編の続きです)

自分が使った中ではダントツでホコリが立たない
「セリーム バイオサンド」は本当にお勧めなんですが、
それでも買った時の状態でいられるのは一週間くらいかしら。

これはもう、何匹の猫がいて、どのくらいトイレを使い、
そしてなんといってもその猫ちゃんのホリホリ度合い、
また、人間の掃除の頻度、やり方にも左右されると思うのですが
うちの場合は一週間くらいなのです。

袋を開けた瞬間は、サラッというよりちょっとしっとり?した感じで
乱雑にトイレにザーッとやっても本当にホコリがたたないんですが
3ニャンのしつこいホリホリと、掃除の時の私のスコップ攻撃で
摩擦で砂の表面が崩れ、徐々にホコリがたってきます。

ハーフカバーだと天井が全部あいているからまだ良かった。
でも今回のトイレは隠れている部分が多いため中がモワ~。

引っ越してきてしばらくして、いつものように3ニャンの体に顔をうずめていたら
「あれ?」と思うほど猫砂の匂いがついていることに気づきました。

砂は替えてないんだから、やっぱりトイレ本体のせいとしか思えません。。。
しかしこのトイレ、メリットもいっぱいある。
なにしろ3ニャンも超気に入ってくれてる。

そこでこのホコリをどうにかしようと色々調べてみたら
こんな素敵なサイトを発見。

猫とネコとふたつの本棚

こちらのサイトの中の 同居の工夫 というコンテンツの中に
猫砂ほこり取り というなんとも素晴らしいアイデアが!

一目見た瞬間、目が釘付け。
いや素晴らしい!あったまいい~!!
さっそく真似させていただくことに。

腹ボテ妊婦、お腹が重くて行動力が鈍いのですが
こういう時だけはすばやい私。
さっそく病院の帰りに100均に寄り、目の細かい茶漉しを購入。

掃除機の先のヘッドを外し、本来は布団用らしきホースに取り付け、
やってみたところ・・・めっちゃくちゃホコリ取れる!
しかもそれやった後、スコップで掃除しても
今までたっていたモワ~~~ンというホコリがほとんどない。
こりゃすごい。

大喜びしていたのですが、一つ問題が。
この方法を開発?された花水木様もご指摘のように、
たしかにこの方法、掃除機への負担がすごい。

うちで使っているのは、これまた引っ越しの際に新調した
SHARPのサイクロン掃除機 EC-VX200です。

掃除機

なんともミーハーですが、「アメトーーク!」の「家電芸人」を見ていて
欲しくて夫に買ってもらった掃除機。
まだ3ヶ月目のニューカマー。

サイクロン式なので、ダストカップの中にホコリが溜まりますから
毎回これを捨てる際にどうしてもホコリがたって
今度は私がそれを吸ってしまうことに。
妊婦だし・・・一応マスクはしてるけど気になるなぁ、と。

本来、猫トイレ掃除自体、妊婦はすべきじゃないといわれているのですが
うちはそうもいかないもんで、マスク&使い捨て手袋着用で私がやっているのですが。。。

それに、捨てた後のカップには細かいホコリがついたまま。
そのまま本体に戻すのはどうも気になるので水洗いしていたのですが
なにせ週1でやっていると、さすがに中のフィルターが
「この調子で洗ってるとダメになりますよ」的な感じでへたってきて。
それに中のフィルターって一度洗うと丸一日は乾燥させないといけなくて。
だから雨の日はできなかったり・・・。

掃除機本体の内側も細かい粒子がついてしまうし、
毎度雑巾で拭いていましたが、もー、お陀仏も時間の問題かも。
高かったのに~。

考えた末、結局「猫用掃除機」を安く買うことにしました!

希望するのは、安い・単純・ただ吸えばいい・シンプル・紙パック式、
ヘッドは外しちゃうからどうでもいい。

中●製だと4千円(!)くらいのサイクロンなんかも見つかったんですが
どうも中●製は・・・信用ならない。
日本製でも単純な機種だとだいぶ安いし、
最後はサンヨーと日立で迷った結果、こちらの日立の紙パック式掃除機CV-V420にしました。

掃除機 日立

日本のメーカー製品が7千円ですもん。
中●のと値段はそう違わないから断然こっちだと思いました。

サンヨーからも同じような機種が出ていて悩みましたが、
日立のほうが紙パックが入手しやすいようだったのでこちらにしました。

掃除機の機種自体は安くて十分ですが
目に見えないくらいのこまかーーーいホコリを吸うことを考えると
紙パックは絶対に「純正」にこだわりました。
正直、普通の部屋を掃除するだけなら
各社共通の安いものでもたいして害はないと思ってしまいますが
せっかく吸い込んだホコリが、合わない紙パックの隙間から部屋中に漏れ出すようでは
このホコリ取りをする意味がなくなってしまうので・・・。

さっそく、この目の細かい茶漉しを・・・

茶漉し

ペンチでまわりの硬い部分を取り除き(ちょっと怪力が必要。私は余裕だけど)
先の部分を外した掃除機の先にガムテでびっちりくっつけます。
(開発者の花水木様はホースの先を別で買われたようですが・・・)

取り付け

この際、茶漉しはできるだけ大きいほうがやりやすいです。
また、テープの固定は全く隙間なくビッチリやらないと
ホコリだけじゃなく細かい砂が吸い取られてしまいます。

あとはスイッチをオン!して猫砂の中の細かいホコリを
ンゴゴーーー!と吸うだけです。

吸い取り

先端を砂の中に入れて適当にンゴンゴやるのが一番楽なのですが
たっぷりの砂の中をかき回すようなやり方をすると
砂が網にびっしりとくっついて砂団子状態に↓
掃除機もウーーーン・・・と苦しそう><

お団子

いろいろやってみたところ、スコップで砂を軽くかき回しながら
底のほうに溜まっているホコリをチョンチョン押さえながら吸い取るようにすると
砂が吸い付かずにうまくいくようでした。
細かいホコリはトイレの底に溜まっていることが多いようなので。

吸い取った後そーっと紙パックを見ると
サラサラというより、もはやフワフワ?の片栗粉のようなこまかーーーいホコリがたっぷり。
「取れた取れた~」と思わずニンマリです。

使用後はノズルを収納し、トイレ横に立てておけばOK。

最後にトイレの内側を雑巾で水拭きすればさらにカンペキ♪
そして今までどおり1ヶ月に一度、砂を全取替えして水洗い。

週一で砂全取替えできればそもそもホコリ吸わなくていいけど
1袋1,360円の砂を週一で、しかも2台分となると・・・
富豪じゃないので無理です。

掃除機

座って作業するので、このムダに長いホースが正直ジャマですが
本来の使い方をしていないのはこちらですから・・・仕方ないですね。

ノズルも長すぎるので短く切りたいのですが
そこを切ると立てかけた時の「ひっかけ」がなくなって収納が面倒なので
このまま使っています。

いや~、開発者の花水木様、すごい。
本当に感謝感謝です。
この方は本当にスゴすぎて、サイクロン掃除機まで自作されたんです↓

猫砂ほこり対策2 : サイクロン接続型

オバカな私には構造が理解できず、もう真似は無理だとすぐに諦め
安い掃除機を買うにいたったわけであります。

この掃除機がいつまでもつかわかりませんが、
純正紙パックを50枚買いだめしてしまったので
これがなくなるまでは動いてくれーーーと願うのみです。

今回色々調べて思ったのは、
「どうしてもこの砂じゃなくちゃ嫌!」という猫は
うちだけじゃないんだな、みんな苦労してるんだな、ということ。

猫も人間と一緒。
どんなトイレでも平気で入れる人もいれば、
公衆トイレには入れずガマンしちゃう人も。
自分自身が後者の立場なので、まものような子の気持ちもよくわかるんです。

花水木様のように工夫しながら
なんとか快適に猫の健康を考えてやっていけたらなーと思います。


我が家の猫トイレ事情・・・トイレ&砂編

2009年11月21日
引っ越しの際に以前の猫トイレは捨て、
新しいトイレに替えました。

以前のトイレの様子はこちら。

現在のトイレはこんな様子です。

現在のトイレ

とりあえず1台購入したこのトイレがわりと良いので
2台並べて置きました。


【送料無料】フード付きキャットパン(猫用トイレ) グレイ

せっかく「フード付き」とうたってありますが、空気がこもるのが嫌なので
取り払ってしまってあります。
ちなみに取り外しは非常に簡単でした。
ぱかっと外れました。

以前のアイリスのハーフカバーだと
立ちションするまもちゃんが腰を上げただけで
難なくカバーを越えて壁にシャーッとされてしまい、掃除が非常に大変でした。。。

ハンズで買った透明のビニールシートを壁に貼ってガードした上、
まめにトイレをどかせて雑巾がけ&アルコール消毒。
しかし私のお腹が大きくなるにつれ、膝をついての雑巾がけは非常につらかったです。

しかもまめに掃除していたけどやっぱり壁は汚れていて、
引っ越しの際に壁紙を張替えました。

そんなわけで後方に必ずカバーがある状態のものを、
とのことで買ったのが上記のトイレ。

大きくて深くてなかなか良い。
一緒に写っているエルが6kg弱ですが余裕です。
後ろのカバーのおかげで、当然ですがまもちゃんがどんなに高々と腰を上げて立ちションしても
壁は綺麗なまま。

カバーの色が不透明なので
トイレに敏感で繊細なまもちゃんも安心するようです。

・・・しかしデメリットも。
正直、カバーは後方だけで良かったんですが
サイドもしっかりカバーされているため、中の空気がこもりやすい。

カットしてしまおうか・・・と悩みましたが
入る側としてはあったほうが安心できるようだし・・・。

一番怖がりなまもちゃんが、一番ホリホリする子というのも困りもの。
オシッコでもウンチでも、中に入って何度も体勢を変えながら
ホリホリホリホリ・・・。

うちはどうしても鉱物系の砂じゃないとダメなので
どんなにダストフリーを謳っている砂でも
まもちゃんくらいホリホリしてしまうと、ホコリゼロとはいきません。

猫砂に関しては、もう何度も何度もジプシーし、
何度玉砕し何袋の猫砂を捨てたり実家に押し付けたり人にあげたりしたかわかりません。
高いの安いの、珍しいの・・・
「もしかしたら大人になって鉱物系以外でもできるようになってたりして」なんて
根拠のない淡い期待を抱き、鉱物系以外に手を出しては失敗。
木・紙・シリカ・おから・・・全部ダメ。
ニャンともなんてもってのほか。
自然派さんが推奨されているナッティキャットなんて、
隣に並べて置いただけで
「こんな粒が大きいの見たくもない!」と叫んでお漏らし。
隣に今までどおりのトイレがあるのに、よほどストレスに感じたみたい。

そうした結果、行き着いたのがこの「セリームバイオサンド」↓


楽天・Yahoo!・価格.com・Amazon【最安値】挑戦中!!どれでも2個以上お買上げで【送料無料】セリ...

自分が今まで試した中ではダントツのダストフリー。
そして粒がかなり細かく、サラッサラ。
お手手が小さく大きい粒を怖がるまもも、この細粒っぷりには大満足。

この手のサラサラ砂といえば代表的なのがエバークリーンですが、
エバクリの嫌なところは香りが強いこと。
そう、まもは香りも苦手。
もう、どんだけワガママなんだ、と思いますが私が好きで引き取ったんだから仕方ありません。

セリームはコスト的にはエバクリと同じくらいかと思います。
粒もエバクリの細粒と同じくらいで、固まり力も同じくらいかな。
かなりガッチリと小さく固まります。
エバクリのような箱のゴミが出ないのは嬉しい。
この緑の袋は簡単に手で破け、小さく丸めて捨てられるのです。

もう、この砂はかれこれ3年は使っています。
当初は楽天でも取り扱いは1店のみでしたが
現在はかなり増え、入手しやすくなりました。
ということはやっぱりこの砂の良さがわかる人が増えているからかな、と
ちょっと嬉しかったり。

しかしこのお気に入りのセリームも、万能とはいかず欠点が。
それは「ダストフリーなのは最初だけ。ホリホリされすぎるとさすがにホコリが出る」という点。。。

このホコリを猫たちが吸うのが嫌で
今までまもの立ちションに悩みながらもハーフカバーにしていたのです。

しかしいくらペット可とはいえ壁にオシッコがかかるのは困る。
でもでも、カバーの中で猫たちがホコリを吸ってしまうのはもっと嫌だ!

ああ~もうどうにか良い方法はないものか、と試行錯誤する中で
これはなかなか良いかも、という方法が・・・。

長くなったので 「ホコリ吸い取り編」 へ続きますね。


本当に番長?

2009年11月19日
ACさんやペットシッターさんに
「まもちゃんが番長です」と言われても
いまひとつピンとこない理由というのは
なんといっても普段こういう姿ばかり目にしているからです・・・。

まもがいつも寝ているお気に入りのマッサージチェアのヘッドレスト部分。
気まぐれおこしたべこが突然割り込み、
文句も言えず端に追いやられるまも。

まも

「なにか???」
涼しい顔で半分以上占拠するべこ。

べこ

「べこ姉ちゃん・・・ど、どいて・・・」
「なによっ」
「やっぱりなんでもないです・・・」

どいて

あきらめておとなしく端っこに甘んじるまも。
ズリ落ちそうになりながらも
一応ひじを曲げてポーズを取るところがいじらしい。

何度もずりっ、ずりっ、となりながら
頑張ってリラックスしている風のポーズを取っていました。

くすん

べこはただの気まぐれなので・・・
無理やり割り込んだわりにはすぐにどいちゃいます。

やっと一人になって一安心。
もう誰も上がってこれないよう、頑張って場所取りするまも。

独り占め

・・・普段からこういう感じなのに
「まもが番長」と言われても、そりゃ信じられませんもん・・・。

今でも本当かしらと思っているくらいで。

え、演技なの・・・?まもちゃん。

まも

ところで私はアロマをやっていません。

去年、須崎先生の臨界水療法をやった時に
アロマディフューザーを買いましたが
調子が良くなってその療法をしていない今、ディフューザーもしまいっぱなしです。

お産の際、出産を促したりリラックスしたりするアロマオイルがあるということで
私が出産する病院はLDRへのアロマの持ち込みを強く勧めています。

せっかくだしディフューザー持ち込んでオイル買って焚こうかなーとも思ったんですが
どうも常日頃アロマに疎い生活をしているので
なかなかその気になれません。

猫はアロマオイルを解毒できず、危険、というのが頭の一番上にあり、
どうしても手が出しにくい気持ちになるんです。

色々調べると、全てのオイルがダメなわけではないようなのですが
なにしろ奥深いアロマの世界、
たっくさん覚えることがありすぎて、鳥頭の自分には「うわーーー」となり、
もうめんどくせーから全部やめよっと!となってしまって。

プロのアロマセラピストになるべく勉強している友人に
ジャスミンやイランイランなどはお産を促す効果があるといわれたので
初産でちょっとドキドキしている私としては
かなり心惹かれるものがあるのですが・・・

「ほんとに大丈夫なのかな」
「私の体についた匂いを3ニャンが嗅いで気分悪くなったらどうしよう」
なんてモヤモヤするほうが
よっぽどお産に悪い気がしちゃって、やっぱりやめることにしました。

そう、アロマって、ホメオパシーとの相性についても考えないといけないですからね。。。
不勉強でお馬鹿な自分にはもうこれ以上の知識をつけることは無理ですわ。

アロマに比べたらホメオパシーのほうがよっぽど勉強したうちに入るので
今回はレメディをいくつか持ち込むくらいにしようと思います。


ちょっと~~~

2009年11月18日
あれ?

あれ?

あれあれ?

あれあれ?

ちょっと~!

ちょっと~!

ヒールが履けない妊婦の味方、新品のムートンブーツ。
玄関に置いておいたら
動物の匂いに敏感に反応した「誰か」がくわえてどこかへ持っていこうと・・・
でも途中で飽きたか重いかで放置したらしく。

誰だ、犯人は?

お前か?

犯人?


« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。