スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております

2010年02月13日
気づけば2ヶ月も放置してしまっていました。
何から書いていいのやら・・・です。

去年、12月の上旬、予定日を少し過ぎた頃に
無事、息子を出産いたしました。

もう忘れかかっていますが、ものすごい難産で。
3ニャンのために早く退院したいところでしたが
むしろ通常より2日延びてしまいました。

私のほうもかなりボロボロでしたが
息子の黄疸の数値が高かったのが原因です。

なんとか無事に退院しましたが、そこからも怒涛の日々でして・・・。

母とは出産前に、里帰りや産後の生活について衝突し、
「もう手伝ってくれなくてもいいっ!」とブチ切れていたのですが
片道1時間半かけて通ってきてくれて感謝。
慣れない息子の世話に3ニャンの世話を
ボロボロヨレヨレの体でやるのは結構しんどかったのです。

産後3週間までは母が泊まりで食事や掃除、
3ニャンのご飯やトイレなどの世話をしてくれて助かりました。

自分ひとりはかなり無理がきくほうだと思っていましたが、
生まれたばかりの赤ちゃんの世話は思った以上に大変で、
しかも無理すると母乳が止まる可能性もあるので
できるだけ休まないといけなかったので。。。

出産はまさに命がけ。
私の場合は特に難産だったので、産後は満身創痍でした。
出産中、もしかしてこりゃ死ぬかもと思ったほどです。

腎盂炎になった時も七転八倒だったし
てんかんおこしたエルに噛まれて指を手術した時も相当痛かったけど
私は痛みに強いし根性あるほうだと思ってました。
だからお産もきっと大丈夫、と。

しかし予想以上の激痛で「甘かった~~~!」と思いました・・・。

途中まで進みが早かったのに、いきみ開始から急に雲行きがあやしくなり、
いくら力を入れても出てこず女医さんが陣痛にあわせてお腹を全力で押すんですが
これが「殺す気か!」ってくらいの激痛で・・・。

それまでにも陣痛がかなり強いほうだったので
体力を消耗してしまったせいもあるのでしょうが
だんだんいきめなくなってきてしまい、
とうとう大柄で屈強な男性医師が交代。
そしてさらに全力で押す。

見ていた夫が「肋骨折れるかも」と思ったらしいのですが
この時点では私はすでに意識朦朧でほとんど覚えていないのが良いんだか悪いんだか(泣)

赤ちゃんが出てくる瞬間は最も感動的なはずなのに
意識不明で記憶がない。
オギャー!って泣き声で「あれ?生まれてる・・・?」と
だんだん意識が戻ってきました。
お酒も飲んでないのに意識がトリップするなんて初めてのことです。

産後、すぐに胎盤を出すために医師がお腹を揉むのも痛くて
意識朦朧ながら先生の腕をつかんで引き離そうとしていたらしく
医師に無言で振り払われ・・・。

徐々に頭がはっきりしてきたら
身に覚えのない酸素マスクに点滴姿。
いつの間に?
覚えてないんですが・・・。

それでもかかった時間は初産婦の平均の半分以下。
時間は短かったけど先生には「難産」と言われました。

そんな感じだったので夫も舞い上がってしまい
息子の生まれたての写真が一枚もなくて。

あまりにもいきみすぎて腕が動かなくなってしまい
私は分娩台の上でボーゼンとしてる間に
夫が真っ先に抱っこして「抱いたら泣き止んだ」とご満悦でした。
よかったね・・・。

あまりの辛さに、「終わった・・・終わった・・・」って
自分のことばかり考えていましたが
息子の顔をよく見たら白目が真っ赤になっていてびっくり。
聞いたら産道で締め付けられたためだという。
この子も苦しかったんだ・・・と涙が出ました。

ジーン・・・と感動しながら息子をベビーベッドに乗せて助産師さんと廊下を歩いていると
すれ違う人が私の顔をジロジロ見る。
何だろう・・・と思いつつ鏡を見ると
難産で力みすぎて顔中の毛細血管が切れたらしく
顔にタトゥー入れちゃったのかい?ってくらい青紫のまだら模様になっていて
思わず「ギャー!」と叫びそうでした。。。

恥ずかしかったのですが、同じような人がわらわらいて
偶然同じ時期に出産した友達は
痛みで顔をおさえていたらしく手のあとがクッキリ。
みんな大変だったんだね・・・。

あれはもう2ヶ月も前。
入院中も大変だったけどなんか遠い昔のように感じます。

退院後の3ニャンとの生活についてはまた後日。


スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。