スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まったんだって。。。

2009年06月30日
夫から、申し込んでいた家の審査が通ったから
引っ越し決定とのTEL。

そうかぁ、決まったのかぁ・・・。

私は入院していたし、その後も安静だったから
新幹線乗って物件を見に行くことができず
夫が見に行き、撮ってきた動画をデジカメで確認しただけ。
今の家より広いし、特にキッチンと洗面所が素敵な感じ♪ピンク
でも、3ニャン目線では・・・。

あああーーー3ニャン目線ではあの家はどうなのだろうかーーー。

なにしろ今回の引越しは、
地方と頻繁に往復する夫のためにエリア重視、
また分娩予定の病院へタクシーで15分以内、
私の実家から乗り換え無しの沿線上、
赤ちゃんのためのスペースも要るから広さも欲しい、
大きなお腹でスーパーが遠いとキツイ、
なおかつ坂が多いと危ない、
駐車場付き、ペット可etcを予 算 内 で探すんだもの・・・そりゃ難航もします。

前にも書いたけど申し込みすらできなかった家は
かなり広~いルーフバルコニーがあり
マンション暮らしのニャンにとっては貴重な物件でした。。。

あの家が忘れられず、ルーフバルコニー付きで条件に合うのを必死に探しましたが
そんな素敵過ぎる物件が出てくるはずもなく。

決まった部屋はベランダが狭い。
今の家より階数も高いから緑や鳥を眺めることもできなさそう泣き顔

ただ窓が広いのでそこに座って外を眺めたりするところは想像できます。
リビングも今よりだいぶ広いから、好きなように遊ばせてやりたい。
猫部屋も確保。

後は私の工夫次第で
3ニャンの安全を確保し、ストレスを減らすよう努めなければ。

猫は基本、子供や赤ちゃんが苦手・・・。
3ニャンとの共存に今から頭を痛めております。

そして8歳になっての長距離引っ越し。

前回、こっちに来る時に色々感じたことや失敗を思い出し
今回はうまくやろうと思っていますが、どうなるか。

お腹も重くなってきたけど、頑張る。


スポンサーサイト

気になるなぁ~

2009年06月27日
気になって毎日はかっているまもちゃんの体重。
ずっと2.76のまま。

急には増えないとわかっていても
なんだか気になるなぁ・・・。

3ニャンとも体重を落としていたら
季節的なものかな、って思うけど(急に暑くなったし)
エルは増えているし、べこは変わらず。

それに夏バテの場合、食欲そのものが落ちるのに
食欲モリモリなのに増えないとはこれいかに。。。

まもが食べきる量を見極めつつ
量を少しずつ多くして様子を見ているんですが
全部食べきったり残したりでいまいちハッキリとしない。
そして残したのをあっという間にエルが横取りっ。
キミはむしろ痩せてほしいのだよ・・・。

元気いっぱいだし具合悪そうには見えないのが幸いですが
まもは痩せると、ただでさえ細身でとんがったお尻が
さらに骨が出てしまうので
触ると不安になってしまいます。

昨日も気になりだすと止まらなくなり
ツラツラと対策を考えていたんですが
やっぱり妊娠中の今、生肉ご飯を再開するのは無理で・・・。

トキソプラズマについて再度調べなおしてみたんですが
重篤な症状を現すのが「妊娠初期」とされているとはいえ
中期(←今ここ)でも赤ちゃんの内臓に結構怖い影響が出るようで
やっぱり出産するまではやめておくしかないようです。

トキソについては医師によっては
「感染する人は少ないし大丈夫」という人もいれば
「猫を飼っているなら触る時に手袋をしろ」という不可能すぎる指示をする人も。

不必要に怖がることはないと思っていますが
あえてこの時期にリスクのあることを始めなくても・・・と思ってしまいます。

あ、猫トイレを掃除する時と、人間の食事でもお肉を触る時は
使い捨てのビニール手袋をして
薬用石鹸ミューズで洗うようにしています。

生肉ご飯を再開したいと思っている理由は
まもちんの体重のことだけでなく
オール市販フードに替えた途端、明らかに、明らかに、
オシッコの量が減ったんです~!!

オール生肉ご飯だった時、
3ニャンにつき一日でオシッコボールが10個はありました。
それが今、6~7個くらい。
1匹につき一日2回しかオシッコしてない計算に・・・。

3~4回はしていてほしいのに少ないよ。。。

生肉ご飯の頃は3ニャンに2台のおトイレを
一日2回掃除していたのに
今は夜だけでいいくらいになって。

ご飯を切り替えたのが去年の秋なので
冬にかけて尿量が少なくなっているせいもあるかなと思ってたんですが
この暑い時期になっても変わらないんですよね。

フードには必ず大さじ1杯(エルは1.5杯)のミネラルウォーターをかけて
ご飯をふやかしてからあげてるんですが
食後やっぱり水を飲んでいるしなぁ。

生肉ご飯の頃は全然水飲まなかったもの。
それでもオシッコの量は倍近かった。
やっぱりいくらふやかしているとはいえ
生肉に比べると水分量が全然違うのだろうなぁ。

あんまり水をかけてシャバシャバにすると嫌がって食べないしな・・・。
どうすっかなぁ。

妊娠中色々制限があるのは仕方ないし
エルの毛の具合なんかみてると今のフードのやり方も
決して悪いものじゃないと思うんですが。

3ニャンももう8歳だもんなー。
若い頃に比べて3ニャンとも同じご飯で適当にやっておけば
元気マンマンってわけにいかないものね。。。悲しいけど。。。

とりあえず今はザナベレをあげているので
エルはライト、べこはアダルト、まもはエレガンスと
3種類に分けて少し様子みてみます。。。


ダイヤモンドグレーの赤ちゃん

2009年06月24日
小さい赤ちゃん苗がつぼみをつけて
咲いたらダイヤモンドグレーでした。

ダイヤモンドグレー

まだ花が未熟なのでグレー味が薄いけど。

ダイヤモンドグレー

挿し木してもほとんどがアルシュデク・ジョセフばかりで
珍しい子が咲いてくれてすっごく嬉しい♪ピンク


まもちゃんの体重が

2009年06月22日
入院中、夫から送られてくる写真を見て
エルの体重が増えてる気がする・・・とビクビクしていたら
退院後量ったら案の定でして。

そっちに気をとられていたんですが
一昨日、ふと、まもの寝姿を見ていると
なんとなくこちらは痩せたような・・・?

まもは気難しく、私にも体をなかなか触らせない子なので
マメに体重を量るのが難しいんです。
油断している時を狙って、ソーーーッと隙間にしまっている体重計を出すと
すぐに「!!!」という顔をして逃げようとしたところを捕まえ、
乗せてみると、嫌がって逃げようとするのでじっとしていないものの
2.76~2.78あたりを数字が動くのが見えました。

やっぱり痩せてたかーーー。

もともと小柄で太れない子なので
2.9くらいの子なんですが
2.8きっちゃうとちょっとなぁ。
やっぱりお尻のあたりの骨の出方も気になるし。

夫がご飯をあげる場合、私と違って食べ終わるまでしっかり見張っていないし
私が見ている時は右からエル、べこ、まも、の順番で席が決まっているのに
夫があげると席を無視してめちゃくちゃに食べていたみたい。

今はエルだけライトにしてるんだけど
きっとエルがまもの分を横取りしたりしていたんだろうな。

やっぱり体重の安定のこと考えると
オール手作りにしていた時のほうがよかったなぁ・・・。

2年間、一切市販のフードなしで手作りオンリーにしていたけど
エルは4.7くらい、べこは3.6くらい、まもは2.9くらいで
ずっと安定していたもの。

エルがハゲてしまってから、オール手作りには不安を感じてやめてしまったんですが
やっぱり市販フードと半々くらいで調節していきたい・・・。
それが今どうしてもできなくて。

実は今、私自身が妊娠中です。
血液検査でトキソの抗体がないこともあり、
生肉の取り扱いには気をつけているんです。

8年一緒に暮らしてベタベタ、チューチューしまくって
それでも私に抗体がないとなると
きっと3ニャンもトキソを持っていないのではないかと思います。
元野良なので持っている確率が高いと思っていましたが・・・。

私が生肉を口にしないのはもちろんですが
3ニャンがもし今抗体がないとして
手作りの生肉から感染した場合、それを私にうつす可能性もあります。

トキソに関しては医師によって危険度のとなえかたが違うんですが
やはり気になるようなことはしないほうがいいかなと思ってます。

そんなわけで現在、オールフードで健康管理と体重管理をしている状態。
手作りが大好きだったまもと、フードだと体重が増えやすいエル。
なかなか両立するのは大変ですが頑張ります。

地元への引っ越しの物件もなかなか見つからないしさ・・・はぁ。




エルちゃんのお毛毛の様子

2009年06月18日
退院して今日でちょうど2週間経ちました。
3ニャンはほとんど落ち着いていますが
べこ姉だけはちょっとまだベタベタが抜けません。

退院後数日は私がお風呂やトイレに入っただけで
「ナオ~~~ン!!!」と扉の前で絶叫するので
落ち着いて用も足せない状況でしたが今は平然としてます。

入院中、夫から送られてくる写真を見て
「こりゃ体重増えてるぞ」と思ったら案の定でした。
ギリギリ5.8kgをずっとキープしていたのに5.96kg。
ほとんど6kgじゃないですか!

たった200gくらいでも、やっぱり猫にとっては大きいです。
なんとなくお腹のあたりが肥えたな~って感じがわかるんですもん。

退院してから私がご飯をあげるようになり
2週間でまた5.8kgくらいに戻ってきたのですが
はぁ・・・焦りましたよ。

定期的に観察しているエルのお毛毛の様子です。

こちらは現在の。
エル20090618

一番薄かった下腹部はこんな感じ。
エル20090618

4月2日
エル20090402

1月11日
エクササイズ?

12月5日
産毛

12月5日
丸々エル

10月26日
ラブラブです

9月30日
エル&べこ

9月21日
献上

9月9日
エル2008.9.9

9月3日
重たい。。。

8月8日
エル

こうしてみると、一番ひどかった去年の8月から
冬にかけてぐぁーーーっ!!と一気に回復したのがわかります。

年明けて1月からは少しずつですが
1歳の頃からずっと薄かった下腹部にまで弱弱しいですが毛が増えて
3月くらいからは正直変化があまりないかな・・・?という感じです。

去年は毛と共に体重もグングン回復しました。
回復途中はエルの食欲がハンパなくて
まるで飢餓状態にあるかのようにガツガツとした食べ方をしていましたが
5kg弱まで回復した時点で急にノンビリした食べ方になり
もともとのおっとりした性格に戻ったかなーという感じでした。

今は3ニャンの中で一番ゆっくり食べています。
ハゲる前もそうだったので、元に戻ったんだなと思ってます。

暑くなってきたのと、体力が回復して元気いっぱいなのもあって
去年の秋のような「べこちゃ~~ん♪」というベタベタな様子が見られません。
相変わらず仲はいいんですが、一匹でも不安がないらしく
今は好きなところに寝転がってぐーぐーしています。

それどころか、先にいたべこやまもを猫パンチでどかせて
場所を横取りまでしてます。。。

ちょっと触るとすぐに喉をゴロゴロと鳴らし、
かなり調子いいんだな、というのがわかるので嬉しいです。


退院しました

2009年06月10日
先週ようやく退院できました。
長かったーーー。

入院中、2度一時帰宅させてもらって3ニャンの顔は見ていたんですが
やっぱり帰ってくると大歓迎してもらえました笑

特にべこの歓迎ぶりが熱烈で。

まず足にスリスリダブルハート
べこ2009610

スリスリダブルハートダブルハート
べこ2009610

まだまだスリスリダブルハートダブルハートダブルハートダブルハート
べこ2009610

そしてまだまだ安静を命じられている私が横になると添い寝。
べこ2009610

おかあさあ~~~ん!
べこ2009610

退院して3日はずっとこの調子でべったりでした。
私の姿が見えなくなると不安そうにワォ~ン!と鳴いたりして。
今は落ち着いてますが、やっぱりベタベタしてます。

もちろんエルたんも喜んでくれましたよ。
エル2009610

まもちんだけは相変わらずのマイペース。
まぁ、まもは大好きなお父さんに
私がいない間たんまりかわいがってもらったからな・・・。

お薬の上に乗って邪魔したり。
まも2009610

TVにまたがって空飛ぶ夢を見たりして。
まも2009610

まだまだ「入院中と同程度の安静を目指すこと」と言われているので
一日の大部分を横になって過ごしていますが
3ニャンのことを心配しながら病院にいるよりは
100倍気が楽です。


夫からの報告メール

2009年06月03日
夫が毎日、3ニャンの様子をメールしてくれます。
毎回画像がついているので
2週間の入院の間にかなりたまりました。

だいたいは食事の様子です。

「3匹ともバクバク食べました」とか。
3にゃん2009.6.3

「まもとべこの位置が入れ替わりました」とか。
3にゃん2009.6.3

「まもだけ来ませんでした」とか。
3にゃん2009.6.3

「エルしか来ませんでした」とか。
3にゃん2009.6.3

「エルが変なところから首突っ込んでます」とか。
3にゃん20090603

「3匹とも完食しましたー」とか。
3にゃん20090603

そしてたまに「サービスショット」というタイトルで
こんなのも来ます。
エル20090603

ちゃんと日向ぼっこしてるのね~と思って安心します。
早くこのかわいいオマタに顔をうずめたいです。(変態?)

しかしエル、私がいない間にさらに太ってない・・・?
ちょっと不安。
帰ったらすぐに体重計に乗せなければ。
必死に5.8kgをキープしていたのにぃ。
でもお腹はさらにフサフサになった気がする・・・?

「帰ったらこんな状態でしたー」とか。
3にゃん20090603

そしてこんなのも。
フランシスドゥブリュイ20090603

フランシス・ドゥブリュイが咲いてくれたみたいです。

せっかくバラの見ごろに入院するとは・・・本当にトホホです。
一時帰宅した際、挿し木に成功して成長を楽しみにしていた
「タイタニック」の小さな苗が枯れているのを発見。
もうショックで落ち込みましたよ。

夫は普段バラの世話などしないので
水をやる加減がわからなかったようです。

よりによってこの日差しの一番強い季節、
上からサーッとジョウロでお水をやって
土の表面が濡れたらそれでヨシとしていたみたい。
そりゃ枯れるわ。。。

「タイタニック」は親株を持っていなくて
2月の結婚記念日にもらった花束から挿し木した分なので
余計にショック。
唯一1本だけ生き残った子だったのに。。。

仕事しながら猫の世話、私の面会におまけにバラまで
やってられっか!!とキレられると困るのですが
「はぁ・・・タイタニック・・・」とションボリなのです。


じつは

2009年06月01日
わたくし入院中です。(人生初!)

いつも3ニャンのことを思い、体調管理には気をつけていたつもりでしたが
今回ばかりは自分の管理でどうにかなることではなく
夜中に病院に運ばれ、そのまま車椅子で病室に入り
今日に至る、という次第です。

あれから2週間が経ちます。

まさかこんなに長く帰れないとは。

普段から「猫好き」を自称しておきながら
こんなことになり情けなく、3ニャンに申し訳なく
一時はかなり欝っぽくなってしまいました。

一週間くらいは覚悟していたけど
一向に点滴も外れず、10日も過ぎた頃から焦りだし、
先生に「いつ帰れるんですかぁ~~~」と泣きついてしまいました。

いや、先生も泣きつかれても困る。
だって先生のせいじゃないもの・・・。

で、すぐに「いい年して情けない自分」に気づき
また落ち込む、の負のスパイラルですわ。

特に今日、末っ子まもちんの8歳のお誕生日なのです。
猫は誕生日なんてわかっちゃいないし
まもちんは3ニャン中、唯一「あんまり懐かない子」なので
特に私がいないことがショックだとは思わないのですが
なんかやっぱり切ないというかね。

勝手に私が悲しんでるだけなんですけどね。

当然、3ニャンの世話は夫一人で。
人の何倍も働く人なのに、猫やバラの世話まで。
申し訳ないなぁ、本当。

毎日3ニャンの様子を画像付きでメールしてくれてます。

まも2009.6.1

夫が撮る写真は、私が撮るのに比べて
ニャンたちの顔に少し緊張があるというか
ちょっと表情が違うので面白いです。

まもちんはエルやべこに比べると
私にベタベタしてこない子で抱っこもさせてくれないし、
「んもう、かわいくないなぁ」と思うこともあったんですが
こういう時は一番助かる。
お父さんにも要領よく甘えて「お尻触って~」とか言ったりしてるみたい。

まも2009.6.1

一番心配だったエル、またハゲがぶり返したらどうしようと
病院で寝ててもやきもきしていたんですが
意外にもしっかりお留守番してくれているみたい。

一番ダメそうなのがやはりというか・・・べこでした。
もともとお父さん大嫌いで、一緒に住んで6年になるというのに
絶対お父さんには近寄らないべこ。

案の定、お父さんが帰ってくると「ヤバッ」て顔をして部屋の隅に逃げ、
恨みがましそうな顔でじーーーっと見てくるらしい。。。

ちょうど1週間目に先生に泣きついて一時外出させてもらった時、
3ニャンがどんな反応するかな?と思ったら
べこが真っ先に飛び出してきて
「オニャウニャンニョニョッニャニャニョ~~~オ!」
(お母さん、どこ行ってたのぉ~! 翻訳:母)
と聞いたこと無いような声で怒りながら飛びついてきて、
スリスリしながらヨダレを滝のように流していたので
かわいそうなことしたな・・・とこちらまで泣きたくなりました。

べこは私が夜中に病院に運ばれるのを心配そうな目で見ていたので
不安に思っているだろうな・・・と思っていたのです。

エルもすぐに駆け寄ってきて膝に乗ってスリスリ。

まもだけはテーブルの下からじぃーーーっとこちらの様子を伺っていました。

もうこのまま病院に戻るのやめちゃおうかと思いましたよ・・・。
たった1時間だけど、顔が見られて本当に良かった。

元気そうにしていたエルですが、私が入院してから
食欲が落ちてしまったようで、夫がご飯を作っても
抱っこして目の前に連れてってあげるまで食べようとしなかったそうなのですが
私が顔を見せた日の夜から、自分からご飯を催促して
ガツガツ食べるようになってくれたみたいで
やっぱり猫って敏感に感じているんだな~と思いました。

早く退院したいです・・・。


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。